キャッシング・ローンとは

キャッシングとは


キャッシングとは、金融機関が原則的に無担保・保証人なしで個人に対して行う小口融資のことで、銀行系キャッシング信販系キャッシング消費者金融のキャッシングがあります。
融資を受ける場合には必ず審査がありますが、キャッシングの場合は審査時間が早く、当日融資にも積極的に対応してくれる業者が多いため、急に現金が必要になった場合などに大変便利です。

キャッシングの申込みをすると、業者からキャッシングカードが発行されるので、提携先のATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などから自由に現金が引き出せるようになります。
このキャッシングカードは、キャッシング専用のカードもあれば、銀行のキャッシュカードと一体のもの、ショッピング等に利用できるクレジット機能の付いたものなど、サービスは様々です。
中には国際ブランドのVISA、マスターカードなどが付帯しているもの、ICチップのついたEdyなどの次世代カードといったものまで、会員獲得のために年会費永年無料で発行している業者が多くなってきています。

このキャッシングに続き、よく目にしたり耳にしたりするのがローンです。

ローンとは


銀行等の金融機関などで、何かの目的でお金を借りる場合(住宅ローン、教育ローン、マイカーローン)等として多く使われています。

もともとキャッシングとは、現金を借り、翌月に一括で完済してしまう方法、一方、ローンは、借りた現金を、毎月少しずつ返済していく方法として区別され、使われていました。
しかし、現在ではローン、キャッシングの二つの言葉の定義は曖昧になってきており、どちらも同じ様な意味として使われるようになってきているようで、その扱いなども業者によって異なるようです。
基本的に使用目的が自由であり、担保や保証人などが必要ない現金の借入れは、キャッシングもローンも同じだと考えていいでしょう。
キャッシングとローンの違いについて、あまり深く考える必要はありませんが、借入の際に返済方法だけはきちんと確認したうえで利用するようにしたほうが良いでしょう。
毎月少しずつ返済していくつもりで良く確認せずにキャッシングしたものの、翌月一括返済の請求が来てしまい困ったといったケースも多いようです。

このキャッシングですが、最近はインターネットでも申し込みを行うことが出来るようになりました。
わざわざ店頭窓口まで行く必要もなく、定員と顔を合わせる事も、知人に見られるのではないかといった不安も全くありませんので、利用者が急激に増加しています。
インターネットでは事前に審査を受けることもできるため、わざわざ窓口まで行ったのに融資が受けられずに無駄足に終わってしまった、といった事などもなくなりますし、人件費の削減面からオンライン申込による特別優遇金利での融資を行っている業者も多くなってきています。