消費者金融の審査

消費者金融の審査


消費者金融などでキャッシングやカードローンの融資を受ける場合、必ず金融業者側では申込者の与信審査をしています。
この与信審査とは、「信用を与えるための審査」という意味になります。
この「信用」とは、申込者が無担保、保証人のない場合に、どれだけ融資をしても大丈夫かという信頼の度合いを審査によって判定しているのです。

この審査は
■申込人の氏名、生年月日、職業、年収、住居といった社会的属性
■申込人の信用情報

の両面から行われています。
この信用情報とは、個人信用情報機関に過去のキャッシングやカードローンの利用状況を照会することによって、現在の他社借入件数、返済状況などの情報が、オンラインで分かるようになっています。
この個人信用情報機関に照会することで申込み時に申告した内容に対する裏づけ確認も行っていますので、作為的に偽った内容を申告しても全て嘘であることがバレてしまいます。
そのような虚偽の申告は、審査官の印象を悪くしてしまい、否決される要因ともなりますので、正直な内容で申告するようにしましょう。
※ちなみに過去一度もクレジット、キャッシング、カードローンの利用が無い人は、「該当ナシ」となります。

現在、ほとんどの金融機関では与信審査に自動与信システムを採用し、上記の社会的属性と信用情報から審査結果を算出するようになっています。
このシステムは「属性モデル」に重点を置いたもので、単純にスコアリングだけを行うものではなく、過去の膨大な記録から最も申込者に近い属性モデルを検出するようになっています。
そうして選ばれた属性モデルのデータから、申込者の行動を予測し、融資の可否、融資限度額の算定などを行っているのです。
この自動与信システムの予測精度は非常に高く、多くの金融業者で採用されている自動審査システムなどにも採用されています。

ここ最近、件数として多くなってきているのはインターネットだと簡単に申込み手続きができる事から一度に複数の金融機関に申込むといったケースです。
こうした複数の審査を同時に行えるサービスを行っているサイト(企業)が多く見られますが、便利だと思って利用すると、後々後悔する事になるかも知れません。
それは、こうした多重申込みをすると、申込ブラックの該当者として扱われてしまうからです。

申し込みをした履歴(金融業者からの照会)は、個人信用情報機関に一定期間データ管理され、短期間に複数の申込みを行ったという情報は、全ての金融機関の照会で分かるようになっています。
そのため申込ブラックの扱いを受けてしまうと、どの優良な金融業者からも借入が難しくなってしまいますので、気を付けなければいけません。

貸し倒れ以外に、法的救済による債務免除者(自己破産者)の増加によって、各社とも審査基準が厳しくなってきているようです。