ブラックリストとは

ブラックリストとは


「ブラックリストに載ると審査に通らない、融資が受けられない」といった話を、誰しも一度は耳にしたことがあると思いますが、この「ブラックリスト」とはどういったものなのでしょう。
「ブラックリスト」という名前から、ファイリングされたリスト形式の資料のようなものを想像してしまいそうですが、実は個人信用情報機関に登録されている一部の信用情報のことなのです。
その一部の情報とは何か、これから簡単に説明します。

金融機関から融資を受けると、その利用内容や返済状況といった情報が全て個人信用情録機関に登録管理されています。
もし融資を受けた申込者が、返済の遅延を繰り返したり、滞納したりすると、その情報は個人信用情録機関に事故情報として登録されます。
この事故情報のことを一般的に「ブラックリスト」と言っているのです。
事故情報には、この他に債務整理、調停、自己破産といったものも含まれます。

個人信用情録機関に登録された事故情報は、金融機関へのキャッシング・カードローン申込みに対する与信審査に利用されることになり、この事故情報があると、それが如何なる理由であろうと、ほとんどの金融機関の審査が通らなくなります。
「ブラックリストに載ってるから審査に通らなかった」というのは、こういうことなのです。

この事故情報が登録されてしまうと、最長では10年間、登録が抹消されずに残ってしまうため、その間はキャッシング・ローン契約ができなくなる(与信審査に通らない)と考えていいでしょう。

全国には多くの個人信用情報センターがありますが、そのほとんどがオンラインネットワークで結ばれているため、金融業者によって加入している個人信用情報センターが異なる場合でも、利用している情報は同じです。
従って、利用している信用情報センターが異なれば借りれるのではないか・・・とか、違う都道府県で
あれば大丈夫ではないか・・・といった考えは全く通用しません。

これはキャッシング・カードローンの無担保融資だけでなく、ショッピング等の商品購入時に利用されるクレジット契約や、自動車購入、教育、医療、結婚といった銀行融資などの目的ローンの審査にも大きく影響します。
事故情報は他の何よりも審査に与える影響が大きい為、将来、このような状況にならないよう確実な返済計画を立てた上で利用するようにしましょう。

参考までに、もし配偶者や同居家族、親族などの中で事故情報が登録されてしまっている場合、与信審査が通らなくない可能性があります。
自分には審査に不利となる理由が全くない場合でも、そうした理由から審査が通らない場合もあるという事は覚えておきましょう。