消費者金融の審査

消費者金融の審査


消費者金融などでキャッシングやカードローンの融資を受ける場合、必ず金融業者側では申込者の与信審査をしています。
この与信審査とは、「信用を与えるための審査」という意味になります。
この「信用」とは、申込者が無担保、保証人のない場合に、どれだけ融資をしても大丈夫かという信頼の度合いを審査によって判定しているのです。

この審査は
■申込人の氏名、生年月日、職業、年収、住居といった社会的属性
■申込人の信用情報

の両面から行われています。
この信用情報とは、個人信用情報機関に過去のキャッシングやカードローンの利用状況を照会することによって、現在の他社借入件数、返済状況などの情報が、オンラインで分かるようになっています。
この個人信用情報機関に照会することで申込み時に申告した内容に対する裏づけ確認も行っていますので、作為的に偽った内容を申告しても全て嘘であることがバレてしまいます。
そのような虚偽の申告は、審査官の印象を悪くしてしまい、否決される要因ともなりますので、正直な内容で申告するようにしましょう。
※ちなみに過去一度もクレジット、キャッシング、カードローンの利用が無い人は、「該当ナシ」となります。

現在、ほとんどの金融機関では与信審査に自動与信システムを採用し、上記の社会的属性と信用情報から審査結果を算出するようになっています。
このシステムは「属性モデル」に重点を置いたもので、単純にスコアリングだけを行うものではなく、過去の膨大な記録から最も申込者に近い属性モデルを検出するようになっています。
そうして選ばれた属性モデルのデータから、申込者の行動を予測し、融資の可否、融資限度額の算定などを行っているのです。
この自動与信システムの予測精度は非常に高く、多くの金融業者で採用されている自動審査システムなどにも採用されています。

ここ最近、件数として多くなってきているのはインターネットだと簡単に申込み手続きができる事から一度に複数の金融機関に申込むといったケースです。
こうした複数の審査を同時に行えるサービスを行っているサイト(企業)が多く見られますが、便利だと思って利用すると、後々後悔する事になるかも知れません。
それは、こうした多重申込みをすると、申込ブラックの該当者として扱われてしまうからです。

申し込みをした履歴(金融業者からの照会)は、個人信用情報機関に一定期間データ管理され、短期間に複数の申込みを行ったという情報は、全ての金融機関の照会で分かるようになっています。
そのため申込ブラックの扱いを受けてしまうと、どの優良な金融業者からも借入が難しくなってしまいますので、気を付けなければいけません。

貸し倒れ以外に、法的救済による債務免除者(自己破産者)の増加によって、各社とも審査基準が厳しくなってきているようです。


低金利キャッシングの審査

低金利キャッシングの審査


キャッシング・ローン業者(企業)によって、金利(実質年率)は随分と異なります。
同じ金額を借りても、金利差だけで10%以上違ってくるのですが、どうしてそのような金利差が生じてくるのか、その違いについて少し説明します。

誰もが低金利で貸し付けを受けることができればいいのですが、実際にはそうはいきません。
その理由として、各金融機関による審査があるからです。
お金を貸す側にとって、必ずしも貸したお金が戻ってくるという保証はありません。
これは返済しないで何処かに逃げてしまったり、未計画に借りて、結局は自己破産などの法的手続きによって返済の義務から逃れよう(免除されよう)とする人々が後をたたないからです。
貸す側にとっては、貸し倒れというリスクを背負っているわけです。

貸す側にとっては貸した金額に対し、その利息分が人件費や家賃、光熱費、広告宣伝費等の運営資金となっており、貸し倒れが増えればそれだけ会社の運営が厳しくなり、倒産等の危機を招くことになるのです。
どの業者(企業)も、そのようなリスクを見込んだ審査基準、金利(実質年率)を設定しています。

一般的に低金利による貸し付けを行っているのは銀行系の金融機関です。
銀行系の金融機関が低金利な理由は、融資に対する社内基準を高く設定し、確実に回収ができると考えられる信頼度の高い顧客だけに融資を行うようにしているからです。
所謂、貸し倒れに対するリスクを少なくしているため、金利を低く抑えられるという事なのです。
良く銀行系だとなかなか融資してもらえないといった声を良く聞きますが、そのような理由が背景にあるのです。
銀行系の場合、勤務年数、住宅所有の有無、給与収入、借入金を含む支払い能力等、総合的に判断して決定していますので、他社からの借入れが多い場合などは絶対に融資してもらえません。

こうした銀行系とは逆に、消費者金融系業者は、できるだけ多くの人に融資をしてもらいたいと考えているため、審査基準が甘く、数社からの借入れがあっても審査が通る場合があります。
それが何故かは、これまでの説明を読んだ方であれば分かりますよね。
消費者金融業者の場合、ある程度の貸し倒れをが発生しても利益が出せるよう、銀行系と比べて高い金利水準が設定されています。
これは、一部の貸し倒れが発生しても他の金利収入でカバーできるようにしている為なのです。
銀行系金融機関よりも高い金利分は、消費者金融業者にとって貸し倒れなどの高いリスクに対する保険のようなものなのです。
そうした理由から、審査の基準も甘いところが多く、少しでも返済が可能だと判断できれば簡単に融資してくれるのです。
ただし、高い金利を考えると、どうしても銀行系の低金利融資が受けられない場合の最期の手段として利用してもらいたいものです。

簡単に整理しておくと、
◇銀行系金融:低い金利で確実に返済可能な顧客だけを相手にする
◇消費者金融:高い金利で多くの人に貸して、貸し倒れ分は金利分からカバーする

というように区別できるでしょう。

これで低金利での融資は、審査も厳しくなってしまうという事が理解できたのではないでしょうか。
全ての会社がそうだとは言えませんが、ほとんどがそのような傾向にあることは事実なのです。


ブラック消費者金融判別法

良くニュースでも話題にされていますが、闇金融と呼ばれる違法なキャッシング・ローン業者(ブラック消費者金融)の被害に遭う人が急増しています。その多くが、「他社借入れがあってもOK」、「確実に融資します」といった、人の弱味につけこむような宣伝文句を並べて集客しています。日本の法律では融資に対する金利上限は「年29.2%以下」と定められていますが、闇金融業を営む業者はそうした法律を無視し、その数倍~数十倍の法外な金利による貸付を行っているのです。こうした闇金融と呼ばれる悪質で違法な業者から融資を受けてしまうと、法外な金利を加えた金額を要求されるようになり、挙句に恐喝、脅しとも言える厳しい取り立て行為を受ける事になります。そうなると私生活が脅かされるだけでなく、家族への嫌がらせ行為や、会社へ取り立てなどによって、自らの仕事さえも失う事なりかねません。
そうした悪質な闇金融業者(ブラック消費者金融)からの融資は絶対に受けないようにしなければいけません。
後々になって後悔することにならないよう、悪質業者と優良業者との見分け方を覚えておくようにしましょう。


法律上、貸金業を営む場合、都道府県または財務局の登録認可が必要になります。
この登録認可を受けた業者は下記のような登録番号が与えられます。

「×××知事(1)********号」  「××財務局長(1)******号」

(1)のカッコ内に書かれている数字は3年毎の更新回数を示し、この数字が大きいほど、長きにわたって金融業を営んでいるという事になります。
闇金融業者(ブラック消費者金融)などはすぐに閉鎖し名前等を転々と変えながら営業するため、( )内の数字が(1)である可能性が高く、これが一つの判断基準となります。

登録番号(1)の金融業者は、営業を始めて日が浅く実績の少ない金融業者だとも言えますので、よほどの理由がない限りは利用しないほうがベターと言えるかも知れません。


各金融業者業者が貸付与信審査のために個人信用情報機関へ加入するには、各都道府県にある貸金業協会に加入しなければなりません。この貸金業協会に加入すると、下記のような信頼マーク会員番号が与えられます。
「××県貸金業協会会員 第*****号」
貸金業協会は任意での加入となっていますが、出資法の上限金利内で貸金業を営む正常なキャッシング業者のほとんどが加入しています。
ですのでキャッシング・ローンを受ける場合には、この「信頼マーク」の表示有無を一つの判断基準としておくといいでしょう。


闇金融業者(ブラック消費者金融)のほとんどは貸金業協会への正式加入もしていないため、与信審査など行わずに融資をすることが多く、誰でも簡単に確実に借りれると思わせるような表現を使って巧みに利用客を集めようとします。
また、捨て看板、電柱や公衆電話ボックスなどに張られているチラシなどの業者も、闇金融業者の特徴と言えるでしょう。
また、申込みをする場合の電話番号が携帯電話になっている場合などがありますが、間違いなく闇金融業者(ブラック消費者金融)ですので、絶対に電話をしてはいけません。

ここで注意してほしいのは、優良な業者だからといって返済を怠ると、電話がかかってきたり自宅に訪問されたりといった事が無いわけではありません。もちろん貸金業規正法という法律で規制されている行為や、禁止された時間帯に催促の電話をしてくるといったことはありませんが、社会的な信用を失ってしまう事になります。
計画的に利用し、どうしても返済できない状態に陥った場合には、まずは借入先に相談し、どうしても解決できない場合には近くの国民消費者センターへ相談に行くか、弁護士事務所へ行って法的な整理手段について相談するようにしましょう。

【参考】
■金融庁ホームページ
「違法な金融業者にご注意!」
http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/ihou_zaimu.html


キャッシング・ローンとは

キャッシングとは


キャッシングとは、金融機関が原則的に無担保・保証人なしで個人に対して行う小口融資のことで、銀行系キャッシング信販系キャッシング消費者金融のキャッシングがあります。
融資を受ける場合には必ず審査がありますが、キャッシングの場合は審査時間が早く、当日融資にも積極的に対応してくれる業者が多いため、急に現金が必要になった場合などに大変便利です。

キャッシングの申込みをすると、業者からキャッシングカードが発行されるので、提携先のATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などから自由に現金が引き出せるようになります。
このキャッシングカードは、キャッシング専用のカードもあれば、銀行のキャッシュカードと一体のもの、ショッピング等に利用できるクレジット機能の付いたものなど、サービスは様々です。
中には国際ブランドのVISA、マスターカードなどが付帯しているもの、ICチップのついたEdyなどの次世代カードといったものまで、会員獲得のために年会費永年無料で発行している業者が多くなってきています。

このキャッシングに続き、よく目にしたり耳にしたりするのがローンです。

ローンとは


銀行等の金融機関などで、何かの目的でお金を借りる場合(住宅ローン、教育ローン、マイカーローン)等として多く使われています。

もともとキャッシングとは、現金を借り、翌月に一括で完済してしまう方法、一方、ローンは、借りた現金を、毎月少しずつ返済していく方法として区別され、使われていました。
しかし、現在ではローン、キャッシングの二つの言葉の定義は曖昧になってきており、どちらも同じ様な意味として使われるようになってきているようで、その扱いなども業者によって異なるようです。
基本的に使用目的が自由であり、担保や保証人などが必要ない現金の借入れは、キャッシングもローンも同じだと考えていいでしょう。
キャッシングとローンの違いについて、あまり深く考える必要はありませんが、借入の際に返済方法だけはきちんと確認したうえで利用するようにしたほうが良いでしょう。
毎月少しずつ返済していくつもりで良く確認せずにキャッシングしたものの、翌月一括返済の請求が来てしまい困ったといったケースも多いようです。

このキャッシングですが、最近はインターネットでも申し込みを行うことが出来るようになりました。
わざわざ店頭窓口まで行く必要もなく、定員と顔を合わせる事も、知人に見られるのではないかといった不安も全くありませんので、利用者が急激に増加しています。
インターネットでは事前に審査を受けることもできるため、わざわざ窓口まで行ったのに融資が受けられずに無駄足に終わってしまった、といった事などもなくなりますし、人件費の削減面からオンライン申込による特別優遇金利での融資を行っている業者も多くなってきています。


キャッシングランキング免責事項

キャッシングランキングを初めてご利用になる方へ、当サイトの目的をご紹介します。

キャッシングランキングについて

当サイトは、キャッシング・ローンを主たる商品とした情報サイトです。
当サイトは、各社商品のアフィリエイトプログラムを利用して運営を行っております。
掲載している企業各社は、財務大臣又は財務局長、都道府県知事の認可を受けた正規の金融機関のみとなっております。
利用者と提携金融機関との間における、キャッシング、ローン契約締結のための斡旋、媒介等の行為は一切行っておりません。
掲載金融機関の金利(実質年率)、利用限度額、審査時間等の掲載データは、予告なく変更される場合があります。
ご利用の際は必ず契約金融機関の規約を確認したのち申し込みをして下さい。
当サイトを通じて掲載金融機関との間で締結される契約は、全て直接契約となります。
お借り入れ、ご返済、契約内容等に関する問い合わせにつきましては、それぞれの金融機関に対して直接、お問い合わせ願います。

免責事項

当サイトをご利用するにあたり、実際の加入、申込等につきましては、利用者ご自身の判断、責任にて行っていただきますよう、お願い致します。
掲載しているキャッシング・ローンの内容に関しましては万全を期していますが、その内容の正確性を保証するものではございません。
掲載している情報は自己の責任において利用願います。情報の利用に際して何かしらの不利益や損害が生じたとしても、当サイトは一切の責任を負わないものとします。
管理人は利用者に予告すること無く、当サイトに関するサービスを一時的に停止、または中止をすることが出来るものとします。